映画館でアルバイト  する、fujimonの日常はこんなんや。       ホームページメインで、  メルマガも発行中。


by white-pyrene
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

負け犬。

負けた!負けちまった!オレ自身に!(゚Д゚)


てなわけで3週間ぶりのご無沙汰です。
うーん、メールマガジンも同じく3週間遅れてます。ホンマすんまへん。
お詫びに今月号はお詫びプレゼントを用意したんで勘弁してくだされ。

んでもって近況報告。
fujimon11月に入ってからエエことおまへん。ひどい風邪引くわ、その風邪うつして非難されまくるわ。うつしてもうた方、ホンマすんまへん。m(_ _)m
まあ、そんな中、うちの劇場ではイベントがありました。
b0028755_20571466.jpg

『赤目四十八瀧心中未遂』っス。この映画、映画賞を20個以上も獲ってる名作で、しかも今回が国内最終上映らしい。
そんなわけで、当日はやっぱり満席。ちなみに監督ほか出演者の舞台挨拶がありました。
で、fujimonは監督、出演者がせり上がっていく舞台のボタンを押してました。
いやあ、緊張したわ。だって監督の荒戸源次郎氏、とってもあっちの世界のオーラを出してるねん!!!?∑(゚д゚;)
(『ツィゴイネルワイゼン』の製作なんかもしててかなり凄い人なんやけど)
さらにキャストにはシェケナベィベーなあの人が!
これでスイッチを押すタイミングを間違えば
fujimonの人生はまさにSTRAIGHT TO HELL(゚∀゚)!

まあ、一命は取り留めたけどね。いやあ、今生きていることに感謝。それにしてもみんな凄いオーラやった是。
[PR]
by white-pyrene | 2004-11-25 20:59 | 映画館日記

おしらせ。

ネタがないのでお知らせ。
fujimonは今、映画の脇役について熱く語ったメールマガジンを発行してます。
で、その最新号が11/8発行の予定。
興味ある人は購読しておくれやす。(もちろん無料やで)
登録・バックナンバーはここや
これまでこのメルマガでは、ビル・パクストン、ウィリアム・H・メイシー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ハーヴェイ・カイテルについて書いてきたんやけど、今回はドナルド・サザーランド。24TWENTY FOURのキーファー・サザーランドのおとんですわ。渋いおっさんでっせ(゚∀゚)
[PR]
by white-pyrene | 2004-11-05 20:03 | 雑記

山猫

今日は朝からバイトでおま。
ところで今うちの劇場でやってるのが『山猫』。
これは40年も前の大傑作と言われてる映画で、監督はルキノ・ヴィスコンティ。ちゃんとカンヌ映画祭のパルム・ドール(グランプリ)も獲ってるんやて。
てな訳で、ほとんどのお客さんはリアルタイムでこの映画を観た、結構年齢が上の人たちや。
おかげさまで連日満員御礼ですわ。そして見よ!このビジュアルを!
b0028755_0131114.jpg
(http://www.stage007.com/cinema/review03.htmlより拝借)
すんごいセレブな感じがします。そら当たり前で、この映画の見所は豪華絢爛な美術・衣装と、バート・ランカスターが表現する滅びの美学みたいなとこにあるんやて。
チラシに載ってるコメントも假屋崎省吾氏池田理代子氏などセレブな感じバリバリや!(゚Д゚)
とまあ、こんなこと書いてるfujimonやけど、実はまだ『山猫』観てまへん(´Д`;)
申し訳ない!まあ作品に関しては配給会社のHP(クレスト・インターナショナル)を見ておくれやす。が、何も観てないおれにも一ついえることがあるねん。それは…。バート・ランカスター顔渋すぎ!↓
b0028755_0143059.jpg
               実物やのに劇画タッチ。
こんな渋いおっさんが出てて、人生の先輩たちを魅了する『山猫』、観ない訳にはいきまへんな。

ところでバイトしてて感じるのが、やっぱりミニシアターはやや年齢が上のお客さんには入りにくいねんなあ、ってこと。
完全入れ替え制をとってる劇場が多いけど、これって最近の劇場に行ってない年代の人たちにとったら、ナカナカややこしい制度みたいです。
電話での問い合わせも、入れ替え制についての質問が多いしな。まあそういう質問には丁寧に答えるんやけど、なかなか難しいっす。だってfujimonの年代では入れ替え制当たり前のようになってるもんなあ…。
[PR]
by white-pyrene | 2004-11-01 00:22 | 映画館日記