映画館でアルバイト  する、fujimonの日常はこんなんや。       ホームページメインで、  メルマガも発行中。


by white-pyrene
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ガガンボーイ

行ってきました。東京国際映画祭。場所は六本木ヒルズ。
と言っても映画を一本観てきただけやけどね。
いろんな映画があるんやけど、fujimonが観たのは『ガガンボーイ クモ男対ゴキブリ男』っていうやつや。はっきり言ってタイトルだけで決めました。しかもフィリピン映画やし。まあ、ちょっと変わったモンが観れればええなあ、くらいの気持ちやったからあまり期待はしてなかってんなー。
ところが…すごかったで、『ガガンボーイ』!
b0028755_3463784.jpg

                  ↑こんなやつら
何がって、設定がスパイダーマンそのままやし。(゚∀゚)つまりさえない主人公がクモ人間になって、活躍するっちゅう、ごく簡単なストーリーやねんな。
でもその内容は、はっきりいってスミからスミまで笑えます。
で、中でも一番つぼに来たんが、ライバルの『ゴキブリ男』!主人公は人間の姿のままクモ男になるのに、敵役(主人公の恋敵でもある)はホンマにゴキブリと人間のあいの子みたいになってまうんや。しかもこいつ、空も飛ぶんやけど、飛び方むっちゃキモいっす。(ゴキブリが飛ぶ姿を見たことある人ならわかると思うけど、まさにあの感じ)
                  <以下ネタばれ>
しかもこのゴキブリ男、最後にはヒロインを誘拐しただけやのに、主人公の必殺技で跡形もなく消し去られます!(゚Д゚)まさに日本の特撮戦隊シリーズなみに。
けっこう可哀相やった…。

こんなゴキブリ男の活躍のほかにも、主人公がなんかやたらフィリピンっぽい踊りを踊ったり、主人公町のために頑張っても迷惑がられたりと、とにかく笑える要素満載やった!
おれはこの映画、僅差でスパイダーマンより面白いと思った是。(゚∀゚)

観にいってよかったです。唯一心残りなんが、
監督がゲストとしてくるはずやのに来なかった?こと。
それから
フィルムがやたら傷んでたこと。
かな。
しかしこの映画、どっちかというと東京国際ファンタスティック映画祭でやるようなヤツやと思うねんけど。
そういえば会場には東京ファンタの大場渉太さんも観にきてはったなあ。
東京国際映画祭公式HP
[PR]
by white-pyrene | 2004-10-27 03:53 | 映画館日記
b0028755_138513.jpg
評価 ★★☆☆☆


カナダドライシリーズ第2弾
早い話が単なるブドウ炭酸ジュース。

が、ファンタよりあっさりしてて、飲みやすい。
炭酸は入ってるかどうかわからんくらい弱い。

果汁3%
[PR]
by white-pyrene | 2004-10-27 01:40 | 雑記

気づけば一ヶ月…

いやあ一ヶ月ぶりの更新です。ははは(´Д`;)
まあそれはさておき、今日は最近観た映画について。
先日10/22(金)に観てきたで、『マッスルモンク』
この映画、『LOVERS』『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウ主演でおま。
「アンディ・ラウ最高傑作!」「香港アカデミー賞3冠」「2003年度香港興行収入第三位」
ってな訳でアンディファンなら、さぞ男前なアンディを期待するやろう。
このビジュアルを見るまでは!↓

b0028755_013161.jpg

(http://www.minipara.com/movies2004-3rd/muscle/img/big.jpgより掲載)
「坊主、マッスルでカルマを断つ!」←キャッチもサイコー。
わお!(゚Д゚)アンディーかなり無茶してはります。

しかもストーリーがこんなん。
あらすじ:大切な人の死がきっかけで、他人の前世での《業(カルマ)》を見、人の死因を予知する能力を持ってしまったビッグガイ(アンディ・ラウ)は、因果の非情さを悟って僧衣を脱いだ元武僧。現在はストリッパーとして享楽的な生活を送っている。だが、前世の業ゆえに過酷な運命が待ち受けることを知らず、ひたむきに生きる女刑事フンイー(セシリア・チャン)と出逢ったことから、ビッグガイは悪業の連鎖から彼女を救うべく、非情なる輪廻の掟に戦いを挑む!

ってエエ!(゚Д゚)元武僧のストリッパーて。実際この↑チラシのまま出てきます。観たあとには、アンディのストリップシーンが脳裏に焼きついてはなれまへん。違う意味で男前やったで、アンディ(゚Д゚;)しかもこのビッグガイの戦う相手が、エスパー伊藤なみの軟体男とか、壁をよじのぼるトカゲ男とかもう濃いのばっか。やのに話のラストのほうは、えらく重くてシリアスです。そして深い。うーんおなかいっぱいやわ。fujimonのど真ん中に来ました、この映画。
いやあ、こういう作品に国内最大の賞を与える香港。素晴らしいです。
でこれだけ褒めちぎった映画やけどもう東京ではやってまへん(苦)
すんませんが大阪とかで観て下され。 マッスルモンク公式HP

さて、もうしばらくこんなインパクト大な映画は観られへんと思ってたけど、なんと三日後に同じくらいのインパクトの映画に遭遇!
その話はまた明日、東京国際映画祭編につづく…。
[PR]
by white-pyrene | 2004-10-26 00:51 | 映画館日記