映画館でアルバイト  する、fujimonの日常はこんなんや。       ホームページメインで、  メルマガも発行中。


by white-pyrene
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 01月 17日 ( 1 )

ついに2005年ですよ!一月も半ばですが皆様アケマシテオメデトウゴザイマス!(゚∀゚)
今年は飛躍の年!にするつもりなんで、皆様よろしゅう。m(_ _)m

お正月は御節とおもちでだいぶ体積が増えたfujimonやけど、特に冬休みらしいものはなく、四日にはもうバイトなんかし始めとったんですわ(´Д`;)
でもまあ、映画は割りとよく観たでー!…っちゅうわけで、今日からのブログでポツポツと観た映画の紹介なんかしようと思とります。
で、一番最近観たのがコレ!『ベルヴィル・ランデブー』
b0028755_1145793.jpg
     ↑真ん中で犬に引っ張られてる婆ちゃんが主人公や。

<ストーリー>
孤独な少年シャンピオンは、祖母のスーザが与えてくれたピアノやおもちゃに興味が持てずにいた。ある日、スーザが贈った三輪車がシャンピオンの人生を変える。時が過ぎ、トレーニングを積んだシャンピオンは、世界最高峰の自転車競技、ツール・ド・フランスに参加することに。ところが、シャンピオンと他2名の選手がレースの途中に何者かに誘拐されてしまう。スーザは愛犬ブルーノを連れ、シャンピオンを乗せた船を追って太平洋を超え、ベルヴィルの街にたどり着くが…。

またまた自分が働いてる劇場の映画やけど(^^;)まあそんなことはええねん。
fujimon今年最初のヒット作やね!もうすごいっすよ!!(゚∀゚)
チラシ画像↑を観てもらったらわかるけど、まず画がおもろい!カワイイとグロいの境目なメチャメチャデフォルメされたキャラクターが画面ところ狭しと動き回るんですわ。しかも滑らかな動きで。なんとも珍妙。
ストーリーの方も、おばあちゃんが孫を助けに行くだけの素敵な物語かと思いきや、ところどころにピリリと毒が効いてて、ワリとシニカルやねんな、これが。
たとえば、登場する都市『ベルヴィル』は明らかにアメリカをモデルにしてるんやけど、その住人は全員太ってる(!)し、誘拐されてからの孫のシャンピオンはえらい恐ろしい目に遭うし…。あと死人も出るしね(´Д`;)
しかもこの映画、全編ほとんどセリフなし!でもそれぞれのキャラの感情はちゃんと伝わってくるから不思議やねんなー。おばあちゃんが孫のために活躍する姿…カッコええっす!
ほかにも音楽がやたらノリノリやし、見終わった後にはもうおなかいっぱいや!

そういやちょっと前に観た『ハウルの動く城』も婆ちゃんが主人公やったけど、『ベルヴィル~』のが数倍おもろかったな。というより『ハウル~』がおもろなかったのか…。なんというか、そんなオチありかいヽ(`Д´)ノてな感じやったしな。

『ベルヴィル・ランデブー』公式HP→http://www.klockworx.com/belleville/

メールマガジン『あの脇役、だれやねん?』は『まぐまぐ』より毎月配信中!購読無料!
登録はこちら→http://www.mag2.com/m/0000134839.htm
[PR]
by white-pyrene | 2005-01-17 02:14 | 映画館日記